handson grip

ハンズオングリップが生まれたのは、四国の北東に位置する、香川県東かがわ市。
この瀬戸内海に面した小さな街は、日本の手袋生産のおよそ9割を出荷する手袋の街。この地で、約60年に渡り手袋づくりに関わっています。

培ってきた技術に加え、新しい素材やノウハウ、その全てを一つ一つの製品に集約しユーザーに体感してもらえる、そんな物作りを目指しています。