どうも!カナモです!キャンプ熱がヤバいですよね、世界的にも。 コロナに端を発したソーシャルディスタンスの確保や三密を避ける行動は、キャンプなら楽勝でクリア出来ます。その中でも、ソロキャンプは特に盛り上がりを見せています。 そもそも1人なんでソーシャルディスタンスは完璧ですし、コロナ疲れと言われるほど緊迫した日常生活から、一時ですが解放されますからね。 僕は2014年頃に買ったテントをソロキャンプや登山でのテント泊で使ってるんですが、最近になってすんごい裏技を見つけたんで、是非知ってもらいたいと思います。 BUNDOK BDK-08 ソロドーム まずは僕のテントを紹介します。今は合計で5張のテントを持ってますが、これが1番最初に買った思い出深い相棒です。 BUNDOK(バンドック)という国内ブランドのソロテントなんですが、ぱっと見はただの細いテントです。 しかしある裏技を使う事によって、超快適なテントに早変わりするんです。 先にネタバラシしてしまうと、コットを使うんですよ。 まずはソロドームのスペックをまとめます。 カラー フライ:STRブルー・インナー:グレー サイズ フライ:W200xD150xH110cm・インナー/W200xD90xH100cm 収納時サイズ W38xD15xH15cm 材 質 シート:ポリエステル・インナー:ポリエステルメッシュ・フレーム:アルミ合金 重量 1.88kg ローコットの新たな可能性 論より証拠と言う事で、実際にソロドームとローコットを併用したスタイルを写真で見てもらいましょう。...