RIDGE MOUNTAIN GEAR Travel Pouch Plus JUN OSON

noreview
¥4,600 (税込)

様々なギアを小分けして持ち運ぶ為のポーチです。
向かって左側には0.5cm幅のポリプロピレン製テープでハンドループを設けていますのでザックやバッグからの取り出しの時の引っかけや、ファスナーを開ける時に握る事により大変スムーズに開閉していただけます。単体での持ち運びにも便利です。
ファスナースライダー部分にはポリエステル製の引き手を付けています。

上部両端にループを設けています。別売りの「Shoulder Strap Tough」を使用する事により簡易的なショルダーポーチとしてもご使用いただけます。

ファスナーはYKK AquaGuard®を採用しています。ファスナー面面にポリウレタンラミネートが施されてあり止水性に優れたファスナーとなっております。

非常に水が入りにくい設計となっておりますが完全防水ではありません。
どうしても水に濡らしたくない道具は上画像の様にジップロックをインナーバッグとして使用してください。
ジップロック®フリーザーバッグSサイズがピッタリと収納できます。

Spec

素材 : 2.92 oz Dyneema® Composite Fabric Hybrid CT5K.18/wov.32c
表面 : 50デニールのポリエステル
裏面 : 1.43 oz/yd 2 のDyneema® Composite Fabrics

この素材は裏面に1.43oz / sqydのDyneema® Composite Fabricsを使用、表面には50デニールのポリエステルを使用する事により軽量でありながら耐久性、防水性に大変優れた素材です
使い始めはとても張りの有る生地ですが使っていくうちに折り皺が付きしなやかになっていくのも特徴です。(素材の特性上、ご購入時から折り皺が入っております)

サイズ : 縦約14cm×横約19.5cm×底部のマチ約4cm
重量 : 約14g
生産国 : 日本
生産者 : 神奈川県逗子市 RIDGE MOUNTAIN GEAR

 

以下、RIDGE MOUNTAIN GEARより。

今回この製品のイラストをお願いしたのが鎌倉在住のイラストレータのJUN OSON君です。

僕が初めてOSON君と出会ったのは2011年10月に北鎌倉で開催された山と道のイベント「第一回鎌倉ハイカーズミーティング」での事。

僕が山と道のバックパックをオーダーしている時に僕の申し込み用紙の住所を見て、隣にいたOSON君が「あ、練馬なんですね〜。僕もそうなんです」と声をかけてきてくれたのがきっかけ。そこから色々なハイカーも一気に繋がって、みんなと一緒にハイキングに出かけたりご飯を食べに行ったり。今でもちょくちょくMessengerでくだらない会話をしたりしています。

僕はそれまでアートというか「絵を買う」なんて事はなかったのだけれどOSON君に出会ってから初めてOSON君の作品を買ってみて。そこからOSON君の作品のファンになった。僕の結婚式のウェルカムボードも作ってもらったりしていた。

いつか自分のブランドオリジナルのイラストを頼みたいな。と兼ねてから思っていて今回満を持してお願いして出来上がった作品。


大体のイメージは伝えて後はお任せ。出来上がったイラストを見て正直「ここまでやってくれるの!?」と驚きました。この作品は後で額装して飾っておこうと思います。


JUN OSON : 僕のこの沢山キャラクターが浮かんでいるタッチは確か7〜8年前に描き始めたと思います。ただ、誰もが用意に想像がつくようになかなか大変です。なので普段のお仕事ではあまり受けていないのですが、他ならぬRIDGEからの依頼だったので引受ました。


このデザインのさらに厄介(笑)なのは「エンドレスでつながる絵柄にしてほしい」というところでした。ただでさえ細かくて大変なところに、上下左右の絵柄がつながるようにせよ、ということでなかなか大変でした(とはいえ最新のPhotoshopではエンドレス柄を簡単に作れる機能がありました)。


沢山キャラを描くというのはもちろん単純に時間がかかるのですが、意外と苦心するのがスタイリングなどのキャラクターデザインです。キャラクターを全身描く場合には皆どのような格好をしているのか考える必要があるのです。長袖なのか?カバンをもっているのか?スカートなのか?靴はどうだ?など選択肢は無限大です。みんな同じ格好にしてしまえば楽なのですが。

また、今回沢山いるキャラクターの中には山好きの皆さんならおそらく知っているであろう、あのキャラクターが隠れています。ジェ○ー・マル○スです。ぜひ探してみてください。


最後に、これはあえて"わざと"だと言いますが、明らかなミスも発見できます。僕もなんか微妙な違和感があったのですが、納品したときにRIDGEもスルーだったので「あ、思い違いか」という結論に至ったのですが、やはりミスがありました(笑)。いや、ミスじゃなくて"わざと"違和感を残したのです。こちらもぜひ探してみてください。


JUN OSON

鎌倉在住のイラストレーターでアーティスト。ニヒルでポップな作風が特徴。作家活動の他に、広告やアニメ、装丁やグッズデザインなど幅広く、世界で活動中。